抜け毛・薄毛の原因

imasia_8888162_M

薄毛に悩む人の中で、その原因を知らないまま育毛剤を使い、効果が得られないと感じている人は意外に多いようです。育毛剤は、頭皮の状態や薄毛の原因によってきちんと選ぶことが大切です。

まずは自分の薄毛の原因を探り、症状に合った育毛剤を探してみましょう。自分で判断できないという人は、薬剤師や医師などの専門家に相談してみるといいです。どのような原因が考えられるのか、ここでいくつか紹介していきましょう。

 

男女に共通する薄毛の原因とは?

薄毛の原因は、男女共通のものと男性に多いもの、女性に多いものと3つに分類できます。順番にその特徴を述べていきましょう。まずは共通する原因についてです。

まず、遺伝が原因となり薄毛になる可能性があります。男性ホルモンの量が多い家系の人は、髪質や頭皮の状態が遺伝することがあるといわれています。ただし、必ず薄毛になるというわけではなく、早めにケアすることで避けられるケースも多いです。

また、生活習慣が原因となる場合もあります。遺伝性の薄毛よりも原因となる可能性が高いのが、不規則な生活や体に悪影響を及ぼす生活を送ることです。具体的には、食事の摂取時間がバラバラだったり、栄養が不足する食事をしたり、アルコールやタバコの量が多かったりするケースです。睡眠不足が続いたり、深夜まで起きることが多かったりする人も要注意といえます。運動不足により血液の循環が悪い人も、頭皮の血行が悪くなり、抜け毛・薄毛になる危険性があります。

 

男性に多い薄毛の原因とは?〜AGAと男性ホルモンの影響〜

男性に多く見られる薄毛には、AGAと男性ホルモンの影響が考えられます。AGAとは男性型脱毛症のことを意味し、生え際が後退するM字型や頭頂部から薄くなるO字型などがあります。

現在、ジヒドロテスロンが薄毛・抜け毛の原因の1つだといわれており、医学的に証明されています。このジヒドロテスロンとは、頭部の皮脂腺・毛乳頭にある酵素、5αリダクターゼが男性ホルモンと結びついたときにできる物質です。

つまり、AGAの症状が見られる人は、男性ホルモンの影響が大きいと考えられるわけです。女性でも男性ホルモンが多い人の場合、薄毛になるリスクは高いため、覚えておくと役立つでしょう。一般的には、男性に多く見られる原因となっています。

ジヒドロテスロンは毛が生えるために必要な細胞を攻撃し、発達を阻みます。さらに、生えている毛が抜けやすくなる原因ともいわれており、薄毛の症状が悪化する要因となっているのです。

 

女性に多い薄毛の原因とは?〜妊娠中・出産後〜

女性の一大イベントともいえる妊娠・出産は、時に大きなストレスとなることがあります。特に産後は赤ちゃん中心の生活を余儀なくされ、生活リズムが狂うことが多く、精神的な負担が増えてしまいます。ストレスは抜け毛・薄毛の大敵であり、女性ホルモンの分泌を減らし毛髪の成長を遅らせます。

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、そのバランスが整っていれば薄毛になりにくいとされています。エストロゲンは毛髪を発達させるという特徴があり、毛髪にとって大事な役割を担っています。

産後に骨盤が広がり、ゆがんでしまうことで薄毛になることもあります。正常な位置ではないところで固まってしまうと、子宮を圧迫し血流が悪化します。エストロゲンは卵巣で生成されているため、骨盤がゆがむことでエストロゲンが減少し、薄毛を促進させてしまうというケースがあります。

 

おわりに

薄毛の原因を3種類に分けて紹介してきました。これ以外にも原因となる要素は色々あり、健康に悪い行動は頭皮・頭髪にも悪影響を及ぼすと考えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. imasia_11042929_M

    2014-11-4

    薄毛の対策

    男性の髪の毛が薄くなっていくのは30代から40代とされていますが、実はそれ以前から薄毛は進行していま…
  2. imasia_9968871_M

    2014-11-4

    薄毛の種類

    最近になり髪の毛が薄くなった、もしくは頭皮が外からも見えるようになってしまった……そうなれば、薄毛の…
  3. imasia_12022994_M

    2014-11-4

    ホルモンバランスによる薄毛

    薄毛の原因といわれているホルモンバランスの乱れは、現代人が抱える悩みの1つでしょう。生活が不規則であ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る